まりっぺ
まいど!奈良のへたっぴ釣りガールまりっぺです♪ 釣り初心者に向けたYouTube動画にも出演中! ぜひチャンネル登録よろしくお願いします(*^_^*)

アマゴの美味しい食べ方はやっぱり塩焼き!下処理も簡単【レシピ】

アマゴの塩焼き

釣ったアマゴの美味しい食べ方といえば、やっぱり塩焼きが1番(*^o^*)

アマゴを塩焼きで食べると、アマゴ本来のクセのない上品な味が楽しめて絶品なんです✨

まりっぺ
先日釣ってきたアマゴを塩焼きにして食べたんですが、最高に美味しかった(>_<)♡

天川でのアマゴ釣りの様子はこちら▼

アマゴ釣り

アマゴを釣りに奈良の天川村へ!【2017年3月追加放流後】

2017年4月2日

 

今回は、そんなアマゴの1番美味しい食べ方“アマゴの塩焼き”の手順や簡単な下処理の仕方と一緒にご紹介します😊

塩焼きならではのアマゴ本来の美味しさをぜひ堪能してくださいね♪

スポンサーリンク

アマゴの塩焼きに用意する材料はアマゴと塩のみ!

アマゴの塩焼きに準備するものは、とっても少ないです!

〜材料〜

  • アマゴ  1匹〜
  • 塩    適量

 

〜道具〜

  • キッチンバサミ
  • キッチンペーパー
  • アルミホイル

 

道具も書く必要があるのかというくらい少ないですね!笑

アマゴのお腹をさばくのに、包丁を使わなくてもキッチンバサミで簡単にできます(*^_^*)

むしろ、アマゴなどサイズが小さい魚は包丁の方が大きくて扱いにくいんですよね💦
だから、キッチンバサミがとっても便利です♪

アルミホイルは、グリルにつく汚れを最小限にしたい為に引いてるだけなので、なくても大丈夫です👌

スポンサーリンク

キッチンバサミで簡単!アマゴの内臓の取り方

アマゴちゃんの内臓は食べれないので取り除きます。

塩焼きの作り方の前に、わかりやすいようアマゴの下処理の手順を先に紹介しますね(*^_^*)

  1. アマゴのぬめりを取る
  2. アマゴのお尻にキッチンバサミを入れる
  3. お腹を切り込む
  4. 顎の下の部分を切る
  5. 口から一気に内臓をはがす
  6. 血合いを取る

 

文字だけで見ると難しそうに見えますが、初めてアマゴをさばく方でも実践してみるといかに簡単かがわかってもらえると思います💡

ただ、生き物なので当然ですが、血や内臓を取るのでとってもグロいです(>_<)

わかりやすいように写真を貼っていますが、ぎゃっとなるものもあるので心して見てください💦

安心して見れるようにその写真が出る時は、一応事前に予告しますね。笑

さっそく、取り掛かかっていきましょう( ̄^ ̄)ゞ

①アマゴのぬめりを取る

手の平にたっぷりの塩を乗せます。

その手でアマゴちゃんをしっかりめにすーりすり。

アマゴの塩焼き

しっかりすりすりしたら、水で洗い流します!

すると、アマゴちゃんのヌメリがマシになります。

あくまでもマシです。笑

完全には取れないのでざっとで大丈夫です(*^_^*)

②アマゴのお尻にキッチンバサミを入れる

まず、お尻からキッチンバサミを差し込みます。

アマゴの塩焼き

ぶすり。

お腹と尾びれの間に穴があるので、そこにハサミを刺すといいです💡

③お腹を切り込む

ここからは、グロいので注意💦

呼吸を整えて、覚悟ができたら続きを見ていきましょう!

 

アマゴの塩焼き

お腹をチョキチョキチョキと切り込みます。

何度やってもここは、ぎゃってなります(>_<)

アゴの下ら辺まで切ればOK☆

④顎の下の部分を切る

アマゴの塩焼き

顎の下に薄い膜のような部分が左右にあるので、そこにハサミの刃の片方を貫通させます。

そして、ジョキンッっと切っちゃいます!

そうすることで、下顎からエラ・内臓まで一気に取りやすくなりますよ(*^_^*)

⑤口から一気に内臓をはがす

アマゴの塩焼き

さっき切った部分から人差し指を差し込み、親指は腹の切り込み部分に差し込みます。

エラを輪っか状に指を通す感じと言った方がわかりやすいかな?

そして一気にお尻の方向に向けてはがします!

写真は横の撮ってますが縦に持つ方がやりやすいです

あまり力いっぱいやると頭がもげるので気をつけてくださいね(^_^;)笑

次もグロ注意💦

 

アマゴの塩焼き

おぉ。。。(ー ー;)うぷ

こんな感じでエラごとつながってすっきり取れます(^_^)

⑥血合いを取る

アマゴの塩焼き

さっきの内臓を取ったら、中はこんな感じになってます。

この背骨にびっしりついている黒い血のようなものを血合いといいます。

その血合いを親指の先でこそぎ取り、水で流します。

アマゴの塩焼き

水で洗い流すとこ〜んなにキレイ(*^_^*)

この後、水気をしっかりキッチンペーパーで取ったら下処理の完了です♪

ウロコなんですが、アマゴの小さいサイズだと食べても全然気にならないので、取らなくても美味しく食べれます(*^_^*)

スポンサーリンク

アマゴの塩焼きの作り方はたった2ステップ!

アマゴの下処理が済んでいるのでとっても簡単(*^_^*)

アマゴの塩焼きの手順を紹介するとこんな感じになります💡

  1. アマゴに塩を振る
  2. アマゴをグリルで焼く

 

以上!!

もう書かなくてもわかるし。って突っ込まれそう(>_<)笑

でも、写真付きで作り方も詳しく書いておきますね♪(´ε` )

①アマゴに塩を振る

アマゴの塩焼き

水気をしっかり取ったアマゴに塩をぱらぱら〜と振りかけます(*^_^*)

塩はあまりかけすぎると塩辛くなるので少しで大丈夫です。

頭、背びれ、尾ひれは焦げやすいので塩を多めに振っておく(塩化粧しておく)と焼き上がりの見た目がよくなりますよ♪

②アマゴをグリルで焼く

グリルに火をつけ数分あっためておきます。

アマゴの塩焼き

グリルの中の温度が上がったら、網にアマゴを乗せ、弱火でじっくり焼きます

下の天板にアルミホイルを引いておくと、油が落ちても洗わずにすむのでラクですよ〜!

アマゴの塩焼き

火が強いと表面だけ焼けている場合もあるので、火加減や火の通り具合は確認しながら焼いてくださいね(*^_^*)

上の面が軽く焦げ目がついたらひっくり返して反対の面も焼きます。

反対の面も同じくらいの焼き色がついたらできあがり✨

アマゴの塩焼き

1尾だけやから見た目が質素ですね(^◇^;)笑

食べると魚特有の臭みもないし、ふんわりした口当たりの身がめちゃくちゃおいしいんです♡

さすが、水のキレイところで育った魚なだけありますね!

アマゴは、身も薄いんで1人につき2尾でもぺろっと美味しく食べれると思いますよ(*^_^*)

まとめ:アマゴの塩焼きは誰でも簡単に作れておいしい釣果料理

アマゴの下処理の仕方や塩焼きの作り方をご紹介しましたが、いかがでしたか(*^_^*)?

下処理も実際やってみると案外簡単なので、覚えてしまえば他の小さい魚でも対応できると思います👌

あなたもアマゴを釣って帰ってきた時は、新鮮なうちにアマゴを塩焼きにしてみてください(*^o^*)

臭みのないふんわりした口当たりの美味しさを味わって、幸せを感じれますよ♡

おすすめ関連記事♪

アマゴのムニエル

ふわふわで美味しいアマゴのムニエルの料理方法【レシピ】

2017年4月29日
アマゴの炊き込みご飯

【レシピ】アマゴの料理方法に迷ったら炊き込みご飯で決まり!!

2017年3月7日
ウグイの天ぷら

ウグイの美味しい食べ方がわからないので天ぷらにしてみた【レシピ】

2017年4月9日
スポンサーリンク
アマゴの塩焼き

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です